草BowBowなので、マキタの充電式刈払機MUR186UDで刈った話

前回、創造倉人用地の雑草を刈るためにアマゾンでポチった「マキタの充電式刈払機MUR186UD

」が届きましたよ。

チップソー付き

そしてこれも…。

!?

実は、マキタの刈払機購入を嫁に承諾してもらうために、

「マキタのバッテリーは共通だから、いろんな工具や“コードレススティック掃除機”なんかにも使えるで‼」

とか言って。いやでもマキタの掃除機は評判良いですよ。

まずは充電器。1個2,500円位だったので、2個買っときました。嫁の掃除機用に。

怪しげな中華製

純正のように充電完了時に音も鳴らないですし、熱の排気も貧弱そうですが、純正の1/3以下の価格。

マキタ 18v 互換充電器 DC18RC BL1830互換充電器 電池用交換式チャージャー リチウムイオンバッテリー用

新品価格
¥2,498から
(2017/11/12 21:55時点)

そして互換バッテリー。こちらは6Aが2個セットで10000円弱だったので、1個あたり5000円位。やはり純正の1/3以下です。

見た目は普通。

こちらも純正のように残量のLED表示はありませんが、一応継ぎ足し充電可能のようです。どれくらい持ってくれますかねぇw

マキタ18v BL1860 6.0ah MAKITA マキタ 互換バッテリー BL1830 BL1840 BL1850 対応互換品 2個セット 安心の1年保証【Vindoo】

新品価格
¥9,608から
(2017/11/12 22:05時点)

こちら掃除機です。マキタCL181Fです。18vの強弱ボタンタイプ

シンプル構造

デフォルト装備はシンプルそのものですね。因みにCL18~シリーズは18vバッテリー式。

組んでみました。

カコ(°∀°)イイ

洗練されたデザインでカッコイイですねー。

マキタ 充電式クリーナ 18V (本体のみ/バッテリー・充電器別売) CL180FDZW

新品価格
¥7,340から
(2017/11/12 22:18時点)

CL180Fは、カプセルタンクのトリガースイッチタイプ。

マキタ 充電式クリーナ 18V (本体のみ/バッテリー・充電器別売) CL181FDZW

新品価格
¥8,208から
(2017/11/12 22:13時点)

うちのCL181Fは、カプセルタンクの強弱スイッチタイプ。

マキタ 充電式クリーナ 18V (本体のみ/バッテリー・充電器別売) CL182FDZW

新品価格
¥8,470から
(2017/11/12 22:18時点)

CL182Fは、紙袋タンクの強弱スイッチタイプとなります。

そして本題のマキタ刈払機MUR186UDです。

なんか色々入ってます。

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 14.4V バッテリ・充電器別売 MUR142UDZ

新品価格
¥19,200から
(2017/11/12 22:31時点)

マキタのMUR18~シリーズは18vの刈払機です。因みに、他にも14.4vのシリーズと、36vのシリーズがあります。

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V 18V→36V 6.0Ah バッテリ2本・充電器付 MUR365DPG2

新品価格
¥70,000から
(2017/11/12 22:29時点)

でも、マキタの電動工具は14.4vはやめて18vを主軸にする傾向のようですし、36vではオーバースペックです。また、マキタでは18vのバッテリーを2個使って36vにするシステムを多く採用しているので、18vにしとけば何とかなるかなと。

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 18V 3.0Ah バッテリ・充電器別売 MUR185UDZ

新品価格
¥24,300から
(2017/11/12 22:22時点)

今回購入したMUR186Uは、2分割仕様です。アマゾンでは通常仕様のMUR185UDと3000円位しか価格差がなかったので迷わずこちら。

マキタ(makita) 充電式草刈機 Uハンドル 分割棹 18V 3.0Ah バッテリ・充電器別売 MUR186UDZ

新品価格
¥27,980から
(2017/11/12 22:21時点)

収納にも搬送にもコンパクトに収まるのは良いです。

チップソーやゴーグルまで付属されています。流石マキタクオリティ。

マキタ袋

憧れのマキタ袋じゃないですか‼

色々と入れられます。

仮組してみます。連結部分は、最初蓋が閉まっているので…。

クローズ

開きます。反対側はキャップがつけられるようになっています。直接通電する部分なのでデリケートなのでしょう。

オープン

パイプの凸凹を合わせて連結させたらロックします。

アンロック
ロック

当然ですが、ガッチリ止まります。すっぽ抜けたら大惨事ですからね。

刃の部分のカバーを付けます。

ピタッとハマる

アームは、軽く締めておいて現地で程好い位置に合わせて本締めします。このあとモーターの動作確認したりして興奮して写真撮り忘れました(爆)家の中で回してもモーター音だけ(動作確認なので刃は付けませんよ危ないから。)なので静かですねー。

準備ができたので、いざ創造倉人用地へ。

時は来た。

お隣さんは綺麗に刈ってあります。本当に申し訳ない…。

とりあえず刈りはじめてみましたけど、高くて太い奴と、長くてペラペラの奴と、蔦みたいな奴がコラボってて、一瞬で絡まります。

これは思いの外大変そうです。あらかじめ回転を上げた状態で、刃の先端部分から入れて左になぎ払うような感じでやらないとすぐに絡まります。

絡んだ場合、MUR18~シリーズには「逆回転」モードがあり、リバースボタンを押すと、一回だけ逆回転します。この機能は便利ですね。ちょっと絡まった時にすぐ停めて、「逆回転」させると、大抵は外れてくれます。

それでも外れないときは、電源を切って手で外します。この作業はいちいち時間を食いますし、逆回転しても取れない場合、逆回転で無駄な電力を消費してしまいます。

そんなこんなで、練習しつつ100坪の1/3程の上っ面を刈ったところで1個目のバッテリーが終了。6Aバッテリーを高速回転で連続使用して30分位でした。

クタクタや…。

このペースだと全部刈り取るのは不可能です。バッテリーは2個しかないですし、仮にもっとあってもモーターの方がオーバーワークで焼けてしまいそうです。それ以上に、

体がもたない‼

なので、今回は上っ面のみを刈れるだけ刈って、数回に分けて綺麗にしていこうと思います。

初めての草刈り動画

へたっぴですけど、初めてなので大目に見てください。

次回はなるべく絡まないようにして、スムーズに出来るようになりたいです。

“草BowBowなので、マキタの充電式刈払機MUR186UDで刈った話” への3件の返信

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。